シースリー 梅田

アトピーや敏感肌でも大丈夫?脱毛の肌への影響

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛

アトピーや敏感肌の方でも脱毛をすることができるのでしょうか?
トラブルは起きないのでしょうか?

 

結論から言えば、状態によって可能かどうか決まるのですが、どういう場合に施術できるのか各クリニック、サロンでの対応は異なります。

 

詳しく見ていきましょう。

 

アトピー肌・敏感肌について

そもそも、アトピー肌や敏感肌はどういう状態を指すのかをまず整理しました。

皮膚は肌バリアで守られている

皮膚は「表皮→真皮→皮下組織」の順にミルフィーユ状の層になっています。

 

肌を健やかに保つためには、表皮部分に存在する「肌のバリア機能」が正常に働くことが必須。
役割としてはまず、表皮の一番外側を覆う皮脂膜が外からの刺激を防ぎます。

 

次に角質層にもともと存在するNMF(天然の保湿成分)が肌内部の水分と弾力を保持。
セラミドなどの細胞間脂質が角質層の隙間をうめ、肌内部の水分蒸発を防ぎます。

 

健康な肌はこれらの「皮脂膜」「NMF」「細胞間脂質」という3つの物質が正常に保たれることで、肌のバリア機能を担っています。

 

敏感肌とは

 

正常な肌はバリア機能によって守られているので、少しくらいの刺激ではダメージを受けることはありません。

 

一方、3つの要素が何らかの要因(加齢・生活習慣など)で不足、バリアが壊れてしまうと、皮膚は摩擦・紫外線などの外部刺激を受けやすくなってしまいます。
この状態を「敏感肌」とよび、刺激による「かゆみ」「肌のガサガサ」などの症状が特徴となります。

 

アトピー肌とは

 

アトピー肌も、3つの要素が不足して乾燥している状態なのは同じです。
乾燥で肌バリアが低下してしまうと、皮膚内部に細菌やアレルゲンなどが侵入しやすくなります。
アトピー肌の人はもともとアレルギーをもっている人が多いため、湿疹や強いかゆみなどの反応が起きてしまいます。

 

このように肌が過敏になった状態へ、アレルギー反応が加わったものを「アトピー性皮膚炎」とよびます

 

アトピーは「強いかゆみ」「ガサガサ肌」「湿疹」などの症状が特徴。
比較的左右対称にできやすい傾向があります。
また、敏感肌の場合は顔など肌の一部分が荒れる傾向があるのに対し、アトピーは体質的な問題であるため全身に症状が出やすいです。

 

敏感肌でもOK?

脱毛サロンでは必ず施術の前にお肌の状態を確認します。
だから施術前後のケアもバッチリ!
自宅でのお手入れなどもあなたに合ったアドバイスなので、美肌がキープしやすくなります。

 

ただし、お肌に赤みがあったり炎症を起こしている場合は脱毛ができません。
また、脱毛直後はとてもお肌が敏感な状態です。
しっかりと保湿を来ない、紫外線を浴びたりお肌に刺激を与えたりしないようスキンケアに気をつけましょう。

 

「自分は人より肌が弱い(;´・ω・)」という人は…

契約する前に無料カウンセリングでしっかり相談しましょう。
大丈夫だと思って後々大変なことになってはいけませんからね(*_*;
正直に話すとサロンのスタッフは必ず向き合ってくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

≫シースリーの無料カウンセリングはこちらから予約できますよ♪