シースリー 梅田

恥ずかしくないの?丸見えなの??VIO脱毛のやり方とは???

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛

「VIO脱毛に興味はあるけど、恥ずかしくてサロン・クリニックに行くことができない」と言う人や、「思い切って申し込んでみたものの、実際に予約日が近づいてくると恥ずかしくなってきた」という人は少なくありません。

 

ハイジニーナ脱毛としても、最近大注目されているVIO脱毛。
ゾーンがゾーンだけに恥ずかしくて誰にも聞けない・・・なんて思って躊躇していませんか?

 

ここでは、照射時の姿勢や、恥ずかしさを和らげるための方法をお伝えします。

 

事前にVIO照射時の状況を知ることで心の準備をし、恥ずかしさを和らげよう!

「恥ずかしい」と思う気持ちを完全にコントロールするのは不可能です。
ただ、どんな服装になり、どんな姿勢で照射が進んでいくのかが分からなければ、どんどん想像が膨らんでしまい、恥ずかしいと思う気持ちが大きくなる可能性が高いです。

 

前もって照射時の服装や姿勢を知っておくことで、心の準備ができ、恥ずかしいと思う気持ちを和らげることができるのではないでしょうか?

 

まずは、照射時の服装から説明します。

 

照射時の服装

サロンでもクリニックでも、ほとんどの場合、用意されているラップタオルに着替えます。
施術でしわがよったり汚れたりすることもありません。
その後、当日履いていった下着を脱ぎ、そのままベッドに寝転ぶ場合もあれば、用意されている紙のパンツに履き替える場合もあります。
紙パンツは、VI脱毛のときには、T字になる布のすこし細い方を前にして、O脱毛のときには細い方を後ろにして着用します。
通常の紐パンのようなスタイルですが、じつは施術時にクロッチ部分の布だけがギュッと縮まるタイプ。
施術時には、大切な粘膜部分は布でしっかり保護できるのがすごいところです。
粘膜部分に不要な刺激を与えづらいというのもメリットですね。

 

美容外科でもエステでもほぼこの使い捨てショーツの紐パンタイプが採用されています。
色も普通は濃紺や濃いピンクで、中が透けて見えないから安心です。

 

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛
ラップタオル
シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛
紙パンツ

 

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛

 

照射時の姿勢

最初にどの部分の処理をするかで、仰向けに寝転ぶか、うつ伏せに寝転ぶかが変わりますが、仰向けに寝転ぶ場合、目を保護するためにゴーグルをつけることが多く、照射中にスタッフと目が合うことは少ないです。

 

ゴーグルをつけないサロン・クリニックで、どうしても恥ずかしいと感じる人は、アイマスクを持参するのもおすすめです。

 

また、体が冷えるのを防ぐためにも、照射する部分以外はタオルをかけ、露出を最小限にするなどの配慮をしてもらえることが多いです。

 

Vライン脱毛:施術の体勢と照射方法

 

通常、施術用の消毒できる専用ベッドに仰向けになって行います。

 

手順ですが、上半身の隠し方としては、美容外科やエステティックサロンにもよって違いますが、上半身部分と下半身部分で別々のタオルをかけてくれ、顔部分も目に機材の光が間違って当たることが無いように別のタオルやアイマスクなどをつけてくれます。

 

ちょうど、上下のタオルの間に紙パン部分だけが見える体制で、先ほどの紙パンを前後が逆のTバックのような形にしてから、機材のヘッドを当ててくれます。

 

ゾーンがゾーンだけに、タオル全開という感じではなくて、できるだけ恥ずかしくないように、また寒く無いようにタオルで覆うように施術してくれるのが一般的です。

 

どーんと大きく自分で姿勢をつくるという感じではなく、できるだけタオルの隙間から施術される方が手を入れて、足などを片足ずつ、必要な分だけ持ち上げたり開いたりしながら、施術部位だけを見るという感じです。

 

また毛の生えている範囲が、足の前側などにも広範囲に広がっていれば、気をつけの姿勢で照射したい部位などを施術者が手で伸ばしながら施術を行います。

 

剛毛で美容外科などで針をさして通電するタイプや、レーザーなどで焼き切るタイプを選択した場合は、下着部分以外は大きく人目に触れる状態にもなります。ですが、施術コーナーは、施術者と普通は2人きりもしくは数人体制。

 

Iライン脱毛: 施術の体勢と照射方法

 

Iライン脱毛でも同じように、ビニールなどでしっかり消毒できるベッドの上で行います。

 

手順ですが、通常は平たいタイプのベッドを使うところが多く、仰向けに横になります。
その上でVライン脱毛と同じ、タオル配置のスタイルになります。

 

施術の時には紙ショーツを片側ずつ縮めながら、必要な部分の肌だけを出します。
不要な部分に光があたったりしないよう、当てたいエリアの脚を、タオルの下でぐっと持ち上げてV字開脚スタイルにしながら照射してくれるのが一般的です。

 

脱毛施術方法によっては、タオルの下では難しく、妊産婦のように足をぐっと開いたスタイルになる方や、片足はまっすぐ伸ばしもう片足だけをぐっと施術者が持ち上げながら、あるいは施術台が平らになったようなもの(全体としてゆるい角度がついて姿勢をおさえるもの)などを身体片側や腰のあたりにかませて姿勢を確保して行うケースなどもあり、施術者によりそれぞれ大きく異なります。

 

こうしたものはそれぞれの美容外科やエステティックサロンの施術環境の設備や施術方法などにもよるため、「私ならこの体制で長時間姿勢をホールドするのは無理」と感じたら、こうした道具を使っている病院などを探してみるのも良いと思います。

 

Oライン脱毛:施術の体勢と照射方法

 

Oライン脱毛でも、やはり同じように、ベッド上で行います。

 

手順ですが、通常は平たいタイプのベッドを使うところが多く、そこにうつぶせになります。
クリニックやエステティックサロンによっては、専用クッションなどの抱きかかえアイテムやサポート機材をセットしてくれるところもあり、施術中、長時間同じ体勢をとることによる疲れも軽減させてくれます。
また穴あきタイプで顔をベッドにしっかりくっつけて呼吸がしやすいタイプになっているところもあります。
これまでなかなか体が疲れたり、コリが酷くて長続きしなかった方は、こういう設備のあるところから選ばれるのも良いと思います。

 

タオルを同じように配置したら、照射するお尻や足周りだけ、タオルをめくって照射です。

 

美容外科やエステサロン、施術者や施術方法によってやり方は違いますが、長時間に及ぶ施術のことが多いので、寒くなりがちな脚部分などはしっかりタオルガードしてくれるところは嬉しいですよね。

 

恥ずかしさを和らげるための対策まとめ

照射時の服装と姿勢を理解出来たら事前準備として少し心の準備は出来たのではないかと思います(*^^*)
更に、恥ずかしさを和らげるために事前に行える対策を確認していきましょう。

事前に行える6つの対策

  • スタッフにあらかじめ相談しておくと、照明を少し暗めにするなどの配慮をしてもらえる場合もあるので、まずはスタッフに相談する
  • 照射時の服装や姿勢をあらかじめ確認し、心の準備をする
  • Oラインの照射時に四つ這いにならなくても良いサロン・クリニックを選ぶ
  • 照射時にゴーグルを着用しないサロン・クリニックの場合、アイマスクを持参する
  • 1対1でじっくりか2〜3人で一気に照射か自分に合う方を選ぶ
  • 紙のパンツを履いたまま照射してくれるサロン・クリニックを選ぶ

サロンによってVIOの脱毛方法は様々です。
これから通おうと思っているサロンがどのようなやり方でVIO脱毛をしているのか、事前にスタッフさんにしっかり確認しておきましょう。

▼恥ずかしさから気になることを相談できないと後々後悔することも…
VIO脱毛に関する口コミや体験談を見ていると、「Vラインはこんな風に処理をしたい、こんな形に整えたい、これくらい毛を残したいなど、初対面のスタッフに詳しく話すのが恥ずかしくて、何も伝えられずにいたら思っていた通り脱毛できず後悔している」という声も少なからず出てきました。
光脱毛や医療レーザー脱毛の場合、一度脱毛を完了すると元に戻すのは困難なので、最初にしっかりと希望を伝えることが大切です。

 

口にするのが恥ずかしい場合は、紙に書いて行き、見せるのもおすすめです。
「この部分はある程度毛を残して、この部分は無毛に」などできるだけ具体的に希望を伝えましょう。

 

また、初回カウンセリングでうまく伝えられなかった場合も、2〜3回目であれば、まだまだ対処可能なので、スタッフに「もう一度、形や毛の残し方について確認したい」と話し、具体的な希望を伝えてください。

 

どうしても恥ずかしい時は?

施術者はたくさんのVIO脱毛を見慣れた人だから大丈夫!

脱毛に訪れる人にとっては人生の一大事というほどの恥ずかしさですが、クリニックやエステサロンのいずれでも施術を行ってくれている人は、人生の中で数限りない回数のVIOゾーンを見ています。感覚としてはちょうど、私たちが日常の食器洗いなどをしている感じ。

 

だからほとんど印象にすら残らないと思っておいてよいでしょう。

 

芸能人も多く施術していますが、とくにそういったお話をそのクリニックやエステティックサロンで聞くこともありません。
それほど守秘義務も徹底されているのですね。

 

でも私のVIOゾーンはかなりドス黒・・・

歩行や座る姿勢によって、また日本人の黒髪だからこそ多くの人がまっ黒。
でも施術者は当然見慣れているもので、とくに気にならないものなのです。

 

これもVIO脱毛が完了したら、徐々に美しくなっていくポイントでもあり、光(フラッシュ)脱毛など、より美肌ケア効果の高い方法を使うことで、美しさがさらに期待できます。

 

自分のにおいが気になって・・・

体臭も人によってさまざま。
とくに雑菌などが繁殖するのを防ぐため、VIOゾーンはかなり酸が強かったりもします。
こうした点も、1人だけではなくどんな人も共通に個性的なので、とくに1人だけが気にする必要はないでしょう。

 

VIO脱毛に関して、まとめ

いかがでしたか?

 

いざVIO脱毛を思い切って始めてみたいと思っても、なかなか聞けない本当のところをご紹介しました。

 

クリニックやエステティックサロンでは、現在こうした不安を解消しながら一人でも多くの人に美しくなってもらうため、施術にかかるさまざまな情報を積極公開しています。

 

施術イメージ写真や、施術前後の写真も多数確認できるので、こうしたものを参考にしてみるのがオススメです。

 

 

 

 

VIO脱毛ならシースリー(∩´∀`)∩

 

>>シースリーはこちらから予約できますよ♪