シースリー 梅田

脱毛サロンに行く前に気を付けるべきこと

生理中の脱毛はできない

 

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛

 

生理中は脱毛できない理由

女性にとって、生理というのは体に大きな変化が起こるときです。
その前後に光脱毛をするというのは、その変化が起こっている体に対して更に変化を与えることになります。
そうすると、脱毛をする側にも受ける側にも利益のない施術となってしまうことがあります。

 

ただ、生理中でも「vio脱毛以外の部位なら脱毛できる」というサロンもあります。

 

では、実際、なぜできないのか、詳しく見ていきましょう!!

 

痛みや肌荒れのリスクがある

ホルモンバランスの乱れは肌のバリアが薄くなり、刺激に敏感になります。
生理中に肌荒れやニキビが出来やすい人は特に、肌の抵抗力が低くなっていると言えます。

 

比較的に肌にやさしく施術が出来る光脱毛でも、肌が弱っていると強い痛みを感じたり、肌トラブルを招く可能性はあります

 

ホルモンバランスは体調にも左右されます。
風邪気味、睡眠不足など体調不良の時も脱毛は控えたほうが安心と言えます。

ちなみに妊娠中も施術不可
子供を授かった場合も同様に、ホルモンバランスが大きく変化するため脱毛はできません。
出産後、月経期が安定してから、脱毛の再スタートが可能になります。
また、授乳中については、ワキや胸周り以外ならば施術を受けられる場合が多いです。

 

脱毛効果がなくなる可能性も

生理中に脱毛をしたとしても効果を充分に発揮できない可能性があります。

 

ホルモンバランスとともに、ムダ毛の生えてくるサイクルも乱れていることもあります。
脱毛はムダ毛の一定の成長サイクル(毛周期)に合わせて行うもののため、生理中の脱毛効果はあらわれにくくなります。

 

生理中は一時的に体毛を濃くすることもあり、効果を実感しにくいという声もあります。

 

ほとんどの脱毛サロンが利用・衛生面の配慮

施術用ベッドや機械に経血が付いてしまうととても落ちにくく、不衛生です。
さらに経血から病気や感染症の危険性もあります。

 

脱毛サロンは多くの人が利用する場です。
しかも、ヒップは直接触れることになる部分なので、サロン側としては衛生面での管理は厳しく行われなければいけません

 

 

相談などはシースリーの無料カウンセリングで(*^_^*)

 

≫シースリーの無料カウンセリングはこちらから予約できますよ♪

 



 

 

脱毛するなら生理後1週間がベスト!!

 

生理1週間後は、生理周期の中で肌の状態が最も安定している時期です。
脱毛の痛みも少ないうえ、肌トラブルのリスクも減ります。

 

サロンのスタッフさんも「一般的にその時期が最も肌の状態のいい人が多く、脱毛効果も出やすくなる」と言っていますし、「生理1週間後に家庭用脱毛器を使ったら、いつも痛みを感じる場所が全く痛くなかった」という口コミもありました。

 

その理由は肌の水分量にあり、生理1週間後は肌の水分量が多くなるからです。
富士フィルムの研究によると、生理前にニキビが多くできる人は生理前にアゴや頬など部分的な乾燥がひどくなり、生理1週間後のほうが肌の水分量が高いという結果が出ています。

 

ですので、生理後脱毛を再開する場合は1週間は待ちましょう!(^^)!

 

 

 

ちなみに・・・

 

ちなみに、生理中でもVIO以外の脱毛をしてくれるサロンもあるみたいですが、シースリーは生理中の脱毛は一切不可になります。

 

VIOラインに限らず、全身どこの範囲でも脱毛不可です。
もし、脱毛予定日と生理日が被ってしまったら必ず、直前キャンセルの連絡を入れるようにしてください。
シースリーは無断キャンセルは1回消化になります。
回数無制限コースの場合はキャンセル料3,000円がかかります。
ただ、予約時間より前に連絡すれば当日でもキャンセル料は発生しません。
気を付けてくださいね(#^.^#)