シースリー 梅田

脱毛サロンに行く前に気を付けるべきこと!!

シェービングをして施術に備えよう

 

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛

 

なぜ事前にシェービングをするの??

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛の契約を行うと、施術前に脱毛部位を自己処理してくるように案内されます。
脱毛の施術をしてもらうのだから、そのままムダ毛が残ったままでもいいのでは?と思うのですが、実はそうではありません。

 

エステサロンでの脱毛はムダ毛が伸びているままでは光を照射することができないのです。
ほとんどのサロンで採用している光脱毛ですが、黒いメラニン色素に反応して、発生する熱で毛根を破壊し脱毛効果を得る方法です。
ムダ毛が伸びていると余計に光を照射してしまうのです。

 

事前処理で剃り残しのムダ毛が多いまま光を照射してしまうと、狙い打ちしたい黒い部分が拡散しているため、毛根を破壊する効果が薄れてしまいます
また、黒い範囲が多いと余分な熱を発して肌トラブルの元になります。

 

シェービングはいつ、どのタイミングでするのがいいの?

毛の伸び方は部位によって異なります。
個人差もありますが、ワキや腕、脚は1日で0.2〜0.4ミリ程度、顔の毛は1日に0.1ミリ程度伸びるといわれています。
それを考えると、だいたい前日か2日前に処理するのが適当でしょう。
サロンによっては、前日か当日に自己処理をしてきてくださいと案内するところもあるみたいですが、自己処理した後は肌が敏感になっており、人によっては一時的に肌が炎症を起こして赤くなる場合があります。
肌が炎症を起こしている状態では施術が断れてしまうので、前日までにシェービングを行い、肌を落ち着かせ、整えてから脱毛当日を迎えるようにしましょう。
シェービング後には、肌が乾燥しないように保湿液や保湿クリームを使って、しっかりと潤いを与え肌の調子を整えておくことが大切です。

 

シェービングのやり方

シースリー,C3,梅田,口コミ,脱毛
脱毛前の自己処理は電気シェーバーや、シェーブジェルバー付きのカミソリで行うと良いでしょう。
サロン側は、電気シェーバーを勧めるところが多いみたいですね。
自己処理のときに、剃刀でも構わないのですが、剃刀負けして赤くなってしまったり、お肌を傷つけたりする場合もあります。
そうなると施術ができなくなってしまいますので、できれば顔用やボディ用の電気シェーバーをおすすめします。

 

脱毛前は、できるだけ肌の負担を軽減してくれるタイプのものを使いましょう。
肌を傷つけてしまうと、施術が受けられなくなることもあるので要注意です。

 

サロン脱毛の前は、毛抜きやワックスでの処理は禁物です。
毛抜きは毛を毛根から引き抜くため、自己処理をすると仕上がりが綺麗ですが、毛周期を乱す原因となってしまいます。
脱毛は毛周期に合わせて照射をしていくことで脱毛効果を高めます。
毛抜きを使うと、毛周期がバラバラになるので、せっかく脱毛をしても効果が半減してしまうのです。

 

脱毛をすると決めたその日から、毛抜きでの自己処理はストップし、カミソリやシェーバーなどを使って毛周期を乱さない自己処理方法でムダケノ処理をするようにしましょう。
前述のように、毛根の黒い部分に照射し反応させる必要があるため、根こそぎ毛を抜いてツルツルにしてしまっては効果がないからです。

 

ムダ毛が残っていると施術してもらえないの!?

各サロンによって多少の違いはありますが、基本的にシェービングのサービスは行っていないサロンが一般的。
VIOと背中を除いて、その他の部位のムダ毛が残っていると、有料でシェービングをしてくれるサロンが多いです。
少なくともお手入れの前日までにはきちんと自己処理しておくというのは共通しており、剃り残しがある場合は照射できません

 

>>シースリーのシェービングサービスは・・・??

 

 

 

≫シースリーの予約はこちらからできますよ♪